医者

辛い症状によく効く|更年期障害に負けない

聴力低下を起こす脳腫瘍

男性

聴神経腫瘍は良性の脳腫瘍です。聴力低下やめまいなどから症状が出始め、腫瘍の増大とともに頭痛や嘔吐、意識障害などの重篤な症状があらわれます。良性のため進行は遅いですが、大きくなると脳幹を圧迫し、死に至ります。小さな腫瘍は経過観察しますが、大きいものは外科的手術と放射線療法により治療を行います。

詳細を読む

適切な治療の方法

女性

脳動脈瘤の症状を治療する方法には、次の2つがあります。外科手術であるクリッピング術と血管内治療です。両者とも脳動脈瘤に血液が流れないようにするための手術ですが、血管内治療の方が身体に負担は少ないです。

詳細を読む

更年期の不調は様々

看護師

肩こりや腰痛も

肩がこったり腰が痛くなると年のせいだと思う人が多いのですが、こういった症状も更年期障害の場合があります。更年期障害の原因は女性ホルモンの減少に伴い、自律神経の働きが悪くなることです。自律神経は体温調節や血流、呼吸などの体の機能を調節する役割を担っているため、働きが悪くなると体のコリや冷えなどを引き起こします。今までは気にならなかったことにイライラしだしたり、気持ちがやたら落ち込みやすくなるのも更年期障害の症状の1つです。性格が真面目で几帳面な人は特に更年期障害が重くなりがちなので、なるべくリラックスしたり物事を重くとらえすぎないようにすることが大切です。運動したり趣味を持つことで症状が軽くなります。

早く改善したいのなら

更年期障害を改善するためには、食事やサプリメントなどで女性ホルモンを補うことも効果があります。しかし症状が重くて辛い場合には医療機関で治療を受けた方が、早く症状が改善できます。治療方法として主に用いられるのがホルモン補充療法です。お腹や腰のところにエストロゲンという女性ホルモンが含まれた貼り薬や塗り薬をつけて、皮膚から女性ホルモンを吸収させます。治療を始めてから2〜3週間で効果が実感できるようになります。貼り薬や塗り薬による治療が多いのですが、肌が弱い人に対しては飲み薬による治療が行われることもあります。女性ホルモンは骨を強くしたり体のコラーゲンを増やす働きがあるため、ホルモン補充療法を受けると骨粗しょう症の予防になったり美肌になるなどの効果もあります。

脳に関する疾患

医者

脳腫瘍は原因が明確にされていない脳の疾患で、転移性のものと原発性のものの2種類があります。脳腫瘍は身近な病気ですが、完治の出来るものでもあります。初期症状が見られた場合はすぐに病院へ行き、早期治療を行うことが必要です。

詳細を読む