病棟

辛い症状によく効く|更年期障害に負けない

適切な治療の方法

女性

脳動脈瘤の症状に対して行われる治療方法には次の2つがあります。それはクリッピング術と血管内治療です。両者の治療方法には各々の特徴がありますので、患者は医師と相談した上でどちらの治療をするかを選ぶ必要があります。前者は頭蓋骨を開いて脳動脈瘤に血が流れ込む部分に金属の特殊なクリップをはさみます。そうして脳動脈瘤に血が流れないようにします。また、後者の血管内治療は血管を外科手術とは異なって血管を通して治療していきます。そのため、身体への負担は非常に少ないです。高齢者の人や身体が弱い人に対して効果的な治療になりますので、クリッピング術よりも広く行われています。脳動脈瘤はくも膜下出血や脳機能障害などに至る可能性がありますので、きちんと診断を受けて治療しましょう。

血管内治療はX線透視画像によって血管を視覚化することで脳動脈瘤を治療する方法です。脳動脈瘤の患者以外の人にはあまり知られていません。まずカテーテルを足の付け根あたりにある動脈から挿入します。そうして脳動脈瘤まで導きます。このカテーテルに塞栓物質を入れて、脳動脈瘤に血液が流れこむことを遮断して破裂を防ぎます。この治療をするときには全身麻酔を行ったり、鎮静剤を投与されることが基本的です。ちなみに、統計的にはクリッピング術を行った患者よりも、術後の症状が軽かったり良好な結果があらわれることが多い傾向があります。ただし、人によって適切な治療方法は異なりますので、医師としっかりと相談した上で最終的に決定するべきです。