病棟

辛い症状によく効く|更年期障害に負けない

脳に関する疾患

医者

症状を知る

脳腫瘍は、遺伝子の突然変異や加齢、放射能や携帯電話などの電波などが原因とされている脳の疾患です。実は明確な原因は解明されていないため、上記のようなことが予想されています。脳腫瘍は、簡単に言うと脳に大きなできものが出来てしまう疾患であり、発生頻度は、1年間に10万人あたりで10〜12人程度と言われているとても身近な疾患です。また、脳に関する疾患の患者は高齢者に多い、というイメージがあるかもしれませんが、脳腫瘍は年齢に関係なく誰にでも発生しうる疾患です。脳以外で出来た腫瘍が転移してくる転移性脳腫瘍と、脳を構成する細胞が腫瘍となった原発性脳腫瘍の2種類があり、年齢や状況によってどちらの場合であるかは様々です。

完治にむけて

脳腫瘍は、日本の国民的疾患と言っても良いほどとても身近な病気で、毎年多くの人が亡くなっていることも事実です。しかし、脳腫瘍はできてしまったら治らない不治の病というものではありません。きちんと治療を行えば、完治しすることの出来る疾患です。実は、脳腫瘍の生存率は高く、平均して約75パーセント程度と言われています。そのために必要なのが、早期発見です。脳腫瘍の初期症状として、頭痛があります。慢性的に頭痛が起こり、それがずっと治らない場合は病院で精密検査を受けると良いでしょう。脳腫瘍は、目に見えてわかる疾患ではありません。脳のレントゲンを撮って初めて発覚する疾患ですので、少しでも体に異常を感じた場合は病院へ行き、早期発見することで綺麗に治すことが出来るのです。